受験者データ


第1回~第5回一般(個人申込)受験者累計データ ※団体受験除く
志願者数 受験者数 合格者数 合格率
308名 299名 278名 92.9%

地域別受験者分布データ
北海道・東北 関東 中部 近畿 中国・四国 九州・沖縄
12% 32% 18% 26% 4% 7%


年齢属性検定認知





メディカルセーフティ検定 受験者の声

第1~5回
・インフォームドコンセントで看護師の役割を改めて理解できた(40代・看護師)
・自分の業務の振り返りになった(40代・看護師)
・各職種の役割を再確認できた(30代・看護師)
・不足している点を知ることができた(30代・看護師)
・患者さん対応、クレーム対応は即業務に活用できる(40代・看護師)
・クレームの回避方法が学べた(30代・看護師)
・心理学からのアプローチが新鮮だった(50代・医師)
・ポジティブ心理学は指導者として即活用できる内容(50代・看護師)
・広く知識を増やすには最適(40代・医療事務)
・今後の医療の在り方を知れた(50代・医師)
・経営、他職種の業務内容など知ることができた(50代・看護師)
・基本知識だけでなく、応用面でも活用できる(20代・看護師)
・患者さんの待ち時間の計算など活用できる(40代・看護師)
・待合室の改善ができた(30代・医療事務)
・患者さんの謝罪の仕方など学べた(30代・医療事務)
・色彩心理は待合室やユニフォームなどで活用できる(40代・看護師)
・医療従事者として働く上での知識を得られた(20代・大学生)
・言葉かけの違いで受けての取り方の違いがわかった(30代・看護師)
・職場の管理体制など不安を払拭することができた(40代・看護師)